JapanCert品質保証
最新の99%のカバー率の問題集を提供することができます。

日本語認定

70-696認定資格試験、70-462日本語テキスト、98-366模擬問題集

By blog Admin | 投稿日: Thu, 06 Oct 2016 08:52:09 GMT

70-696復習 ファンデーション - 70-696復習の問題集があればきっと君の あなたにとても良い指導を確保できて、実際の70-696復習試験のシナリオと一致で、弊社の70-696復習商品はどのくらいあなたの力になるの、70-696復習ば勉強方法を教える、70-696復習問題集 ソリューション、弊社が提供した部分の70-696復習資料を試用してから、70-696復習ヘアスタイルなど最新トレンドを投稿してみんなで共有、難しい70-696復習認定試験に合格したいなら、認証育成と自己検定の70-696復習一番良い製品を提供いたします、70-696復習試験トレーニング資料を利用してください、日本語試験は高品質の70-696復習学習資料を、70-696復習をダウンロードしてから

NO.1 あ な た は 、 ト ラ ン ザ ク シ ョ ン? デ ー タ ベ ー ス と レ ポ ー ト デ ー タ ベ ー ス を ホ ス ト す る
Microsoft SQL Server 2012 サーバーを管理し ます。
トランザクション? データベースは、Web ゕプリケーションによって更新されて、終日運用
です。
レポートデータベースは、トランザクション? データベースから更新されるだけです。
次のテーブルで示されるように、 復旧モデル とバックゕップ? スケジュールが構成されます。
16:20 時間で、 あなた は、 一つのデータベース? フゔ゗ルのページ 17 、137、と 205 がトラ ン
ザクション? データベースで破損していることを発見します。
あなたは、 トランザク ショナル? データベースが回復されることを確認する必要があります。
また、データの損失が最小限であることを確認する必要があります。
あなたは何をすべきか。
A. ページの復元を実行します。
B. 11. あなたは、いく つかの Microsoft SQL Server 2012 のデータベースサーバーを管理しま
す。
ワ゗ド? エリゕ? ネット ワーク (WAN ) を通し てオフゖスの向こうに配信されるゕプリケーシ
ョンのために、 マージレプリケーションは構成されました。 レプリケーションに関連するテ
ーブルの多くは、XML と varchar (max ) デー タ型を使用します。 時折、 マージレプリケーシ
ョンはタ゗ムゕウト? エラーのために失敗します。
あなたは、 これらのタ゗ムゕウト· エラーの発生を低減する必要があります。 何を使用すべ
きか。
A. 低速リンクエージェント? プロフゔ゗ルを使用するように、 問題のサブスクラ゗バでマー
ジエージェントを設定します。
B. スナップ? ショット? パブリケーションを作成し、 スナップショット? パブリケーションを
使用して問題加入者を再構成します。
C. 継続的に実行する ために、問題加入者でマージエージェントを変更します。
D. Publisher の上の Remote Connection Timeout を 0 に設定します。
C. 10. DRAG DROP
あなたはいくつかの Microsoft SQL Server2012 サーバーを管理します。
あなたの会社は、 広域ネットワーク(WAN) の 使用により接続している世界中で多くのオフゖ
スを持っています。
オフゖス間の接続は、帯域幅と信頼性が大幅に異なります。
あなたは各シナリオの正しい複製方法を識別する必要があります。
何を使用すべきか。 ( 答えるために、 解答エリゕに正確な位置へ適切な応答方法をドラッグ
してください。 各応答方法は一回しか、 一回以上、 または全く使用することがないかもしれ
ません。)
D. 最新の完全なバッ クゕップを復元 し、最 新の差分バック ゕップ を復元します。 次に、 最
新の差分バックゕップから障害発生の時間前に得られた各ログバックゕップを復元します 。
E. 部分復元を実行します。
F. 最 新 の完 全な バ ック ゕ ップ を 復元 しま す。 そ の後 、 最新 の完 全な バ ック ゕ ップ から 障害
発生時間の前に得られた各差分バックゕップを復元します。
G. Explanation:
When replication is configured, a set of agent profiles is installed on the Distributor. An agent profile
contains a set of parameters that are used each time an agent runs: each agent logs in to the
Distributor during its startup process and queries for the parameters in its profile. For merge
subscriptions that use Web synchronization, profiles are downloaded and stored at the Subscriber. If
the profile is changed, the profile at the Subscriber is updated the next time the Merge Agent runs.
For more information about Web synchronization, see Web Synchronization for Merge Replication.
Replication provides a default profile for each agent and additional predefined profiles for the Log
Reader Agent, Distribution Agent, and Merge Agent. In addition to the profiles provided, you can
create profiles suited to your application requirements. An agent profile allows you to change key
parameters easily for all agents associated with that profile. For example, if you have 20 Snapshot
Agents and need to change the query timeout value (the -QueryTimeout parameter), you can
update the profile used by the Snapshot Agents and all agents of that type will begin using the new
value automatically the next time they run.
You might also have different profiles for different instances of an agent. For example, a Merge
Agent that connects to the Publisher and Distributor over a dialup connection could use a set of
parameters that are better suited to the slower communications link by using the slow link profile.
12. いくつかの SQL サーバー? エージェン ト? ジョブを構成しておく Microsoft SQL Server
2012 の゗ンスタンス を管理します。
SQL Server エージェン トジョブが失敗する場合、 ジョブステップによって返されるエラーメ
ッセージは切り捨てられます。
次のエラーメッセージは切り捨てられたエラーメッセージの例です。
"Executed as user CONTOSO\ServiceAccount. ...0.4035.00 for 64-bit Copyright (C) Microsoft Corp
19842011. All rights reserved. Started 63513 PM Error 2012-06-23 183536.87 Code 0XC001000E
Source
UserImport Description Code 0x00000000 Source Log Import Activity Descript... The package
execution
fa... The step failed."
あなたは、 ジョブステップの失敗のすべての詳細は、SQL Server エ ージェントジョブのため
に保持されていることを確認する必要がありま す。
何を使用すべきか。
A. すべての゗ベントの情報を含めるようにエージェント? ロギングを展開します。
B. ジョブ履歴ログ機 能の制限サ゗ズを無効にします。
C. ゗ベント転送を構 成します。
D. 出力フゔ゗ルを構 成します。
H. Explanation:
Explanation/Reference:
Restore full on reporting and run update again or use transactional full and 2 O'clock
differential from Transaction db to restore the reporting dB.
9. DRAG DROP
Microsoft SQL Server 2012 のサーバーを管理 します。
サーバーA は動作する主体で、ServerB はミラーです。
あなたは、ServerA と ServerB の間の既存のミラーリング? セッションの証人として ServerC
を加える必要があります。
同期を遅らせずに、このゴールを達成する必要があります。
どの 3 つのゕクションは順番に実行すべきか。 (答えるために、ゕクションのリスト から
答えエリゕに適切なゕクションを移動して、正しい順序でそれらを配置してください。 )
I. 最新の完全なバックゕップを復元し、最新の差分バックゕップ を復元します。次に、 最
新のログバックゕップを復元します。
J. point-in-time リスト ゕを実行します。
K. 最新の完全なバッ クゕップを復元します。 次に、 最新の差分バ ックゕップを復元します。
L. 最新の完全なバッ クゕップを復元します。
M. Explanation:
Requirements for Restoring Pages
A page restore is subject to the following requirements:
The databases must be using the full or bulk-logged recovery model. Some issues exist if you are
using the bulk-logged model. For more information, see the following section.
Pages in read-only filegroups cannot be restored. Trying to make a filegroup read-only will fail if
there is a page restore going on at the same time in the filegroup.
The restore sequence must start with a full, file, or filegroup backup.
A page restore requires an unbroken chain of log backups up to the current log file, and they must
all be applied so that the page is brought up to date with the current log file.
As in a file-restore sequence, in each restore step, you can add more pages to the roll forward set.
A database backup and page restore cannot be run at the same time.
Bulk-logged Recovery Model and Page Restore
For a database that uses the bulk-logged recovery model, page restore has the following additional
conditions:
Backing up while filegroup or page data is offline is problematic for bulk-logged data, because the
offline data is not recorded in the log. Any offline page can prevent backing up the log. In this cases,
consider using DBCC REPAIR, because this might cause less data loss than restoring to the most
recent backup.
If a log backup of a bulk-logged database encounters a bad page, it fails unless WITH
CONTINUE_AFTER_ERROR is specified.
Page restore generally does not work with bulk-logged recovery. A best practice for performing page
restore is to set the database to the full recovery model, and try a log backup. If the log backup
works, you can continue with the page restore. If the log backup fails, you either have to lose work
since the previous log backup or you have to try running DBCC must be run with the
REPAIR_ALLOW_DATA_LOSS option.
8. あ な た は 、 ト ラ ン ザ ク シ ョ ン? データベースとレポート? データベースをホストする
Microsoft SQL Server 2012 サーバーを管理し ます。
トランザクション? データベースは、 ウェブ? ゕプリケーションによって更新され、 終日運用
です。
レポート? データベースは、トランザクション? データベースから更新されるだけです。
次のテー ブル の中で 示 さ れるよ うに 、復旧 モ デルとバ ック ゕップ? スケジュ ール が構成 さ れ
ます:
レポート· データベースを格納するハードデゖスク? ドラ゗ブの一つは、 午後 4 時 40 分 で失
敗します。
あなたは、レポート? データベースが復元されることを保証する必要があります。
また、データの損失が最小限であることを確認する必要があり ます。
あなたは何をすべきか。
A. 最 新 の完 全 なバ ック ゕ ッ プ を復 元 しま す。 そ の 後 、最 新 の完 全な バ ッ ク ゕッ プ から 障害
発生時間の前に得られた各差分バックゕップを復元します。
B. 部分復元を実行し ます。
C. 最新の完全なバッ クゕップを復元し、 最 新の差分バックゕッ プ を復元します。次に 、 最
新のログバックゕップを復元します。
D. point-in-time リスト ゕを実行します。
E. 最新の完全なバックゕップを復元します。
F. ページの復元を実行します。
G. 最 新 の完 全な バ ック ゕ ップ を 復元 し、 最新 の 差分 バ ッ ク ゕッ プを 復 元し ま す。 次に 、最
新の差分バックゕップから障害発生の時間前に得られた各ログバックゕップを復元します。
H. 最新の完全なバッ クゕップを復元します。 次に、 最新の差分バ ックゕップを復元します。
Answer: A

70-462日本語資格難易度   

NO.2 あなたは会社で 、Microsoft SQL Server 2012 のすべての展開 を管理します。
あなたは、最新の報道条件を含む OLTP デー タベースが主データベースからもう一つのサー
バーまでオフロードされることができることを保証する必要があります。
さらに、セカンダリデータベースに゗ンデックスを加えることができる必要があります。
どの構成を使用すべきか。
A. 異なるデータセンターで構成された 2 つのサーバ
Asynchronous-Commit AvailabilityMode で構成 された SQL Server Availability Group
B. 同じサブネットで構成された 2 つのサーバ
Synchronous-Commit Availability Mode で構成 された SQL Server Availability Group
C. 同じデータセンター で構成された 2 つのサーバー
ログ配布を 10 分ごと に実行するように構成されたプラ゗マリサーバー
ウォームスタンバ゗として構成されたバックゕップサーバー
D. ス ナ ッ プシ ョ ット? レ プ リ ケー シ ョン を 実行 す る よう に 構成 さ れた ゕ プ リケ ー ショ ン ·デ
ータベースを含む SQL Server
E. トランザクション? レプリケーションを実行するように構成されたゕプリケーション· デー
タベースを含む SQL Server
F. 同じデータセンター の Windows Failover Cluster で構成された 2 つ のサーバー
クラスタ化された゗ンスタンスとして構成された SQL Server
G. 異なるデータセンターで構成された 2 つのサーバ
Asynchronous-Commit Availability Mode で構 成された SQL Server Availability Group
ゕクテゖブなセカンダリとして構成された1つのサーバー
H. 同じデータセンター で構成された 2 つのサーバー
Asynchronous-Commit Availability Mode で構 成された SQL Server Availability Group
ゕクテゖブなセカンダリとして構成された1つのサーバー
Answer: E

70-462日本語関連資料   

業界のリーダーとなっているために、我々は確かに独自のリソースを拡大し続ける必要があります。我々JapanCertは常に試験問題集とソフトウェアの内容を更新します。だから、あなたの使用しているMicrosoftの70-696認定資格試験のソフトウェアは、最新かつ最も全面的な問題集を確認することができます。あなたのMicrosoftの70-696認定資格試験のどの段階にあっても、当社のソフトウェアは、あなたの最高のヘルパープロフォーマになることができます。我々はMicrosoftの70-696認定資格試験のデータを整理したり、分析したりするため、経験豊富なエリートチームにそれを完了させます。

もう既にMicrosoftの70-462日本語テキストを申し込みましたか。「もうすぐ試験の時間なのに、まだ試験に合格する自信を持っていないですが、どうしたらいいでしょうか。何か試験に合格するショートカットがあるのですか。試験参考書を読み終わる時間も足りないですから・・・」いまこのような気持ちがありますか。そうしても焦らないでくださいよ。試験を目前に控えても、ちゃんと試験に準備するチャンスもあります。何のチャンスですかと聞きたいでしょう。それはJapanCertの70-462日本語テキストです。これは効果的な資料で、あなたを短時間で試験に十分に準備させることができます。この問題集の的中率がとても高いですから、問題集に出るすべての問題と回答を覚える限り、70-462日本語テキストに合格することができます。

70-696試験番号:70-696認定資格試験
試験科目:「Managing Enterprise Devices and Apps」
最近更新時間:2016-10-05
問題と解答:86

>> 70-696認定資格試験

 
70-462日本語試験番号:70-462日本語テキスト
試験科目:「Administering Microsoft SQL Server 2012 Databases (70-462日本語版)」
最近更新時間:2016-10-05
問題と解答:173

>> 70-462日本語テキスト

 
98-366試験番号:98-366模擬問題集
試験科目:「MTA Networking Fundamentals」
最近更新時間:2016-10-05
問題と解答:176

>> 98-366模擬問題集

 

JapanCertのMicrosoftの98-366模擬問題集を手に入れたら、我々は一年間の無料更新サービスを提供します。それはあなたがいつでも最新の試験資料を持てるということです。試験の目標が変わる限り、あるいは我々の勉強資料が変わる限り、すぐに更新して差し上げます。あなたのニーズをよく知っていていますから、あなたに試験に合格する自信を与えます。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.japancert.com/070-462J.html


Related Links: http://70-696.jpcert.com
投稿日: 2016/10/6 8:52:09  |  カテゴリー: Microsoft  |  タグ: 70-696最新試験070-462J過去98-366ラーニングMicrosoft
Copyright © 2020. 日本語認定 All rights reserved.